両リング押さえ

  • 2009.07.22 Wednesday
  • 00:09
ドレスって、見た目「軽やか」とか
「柔らかそう」とか繊細に感じるが
意外と生地が何層も重なってしっかりしてたりする。

何を隠そう、生地と生地の間に
バッグの芯になりかねないような
芯が入っていたり、
ドレスの形状を保つためのワイヤーが入っていたりと
見た目とは反対にガチガチの物もよくある。


ドレスを作る上で、この何層にもなった
何種類もの生地を
一緒に縫うということがよくあるのだが
必ず問題がおこるのが縫いずれてしまうこと。

今まで、「ゆっくり縫えばいい」とか
「細い針と細い糸で縫えばいい」とか思っていた。

そして、あるミシン屋さんを偶然見つけ
いろいろ生地サンプルを送って試し縫いをしてもらった。

結果、なんと予想していなかった物を
使うと良いことに。

それが、この「両リング押さえ」
リング押さえ

この存在は知っていた。
ただ、革や合皮、ビニールなどの
押さえにくっついてしまう素材に適していると
思っていた。
ところが、布を押していく力があるため
何層もの生地を重ねてもズレがない。

使い方は簡単!

生地5
「芯」と「サテン」を重ねる。

生地3
縫う


いや〜すばらしい!!

ちなみに通常の押さえはコレ↓
生地1

生地2
縫いずれしやすい


今回は「芯」+「サテン」だが、
「芯」+「サテン」+「オーガンジー」とかでも
ばっちり!

助言をいただいてありがたいです!
今回、縫いズレやシワがなく美しく縫えました


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM